<meta property=”og:title” content=”アニメ” />

ペントスのほぼ日ブログ

劇場アニメ、デジタルイラスト、エクセルの話をアップしています

劇場アニメ
スケジュール
劇場アニメ デジタルイラスト エクセル お知らせ イベント
自炊 WordPress
副業

8月の劇場アニメ 下半期 プチコラム ※ネタバレなし

 

8月19日:更新

フェリシーと夢のトゥシューズの配給元を訂正しました。

 ----------------------------------------------------

相変わらず暑いですが、みなさんお元気でしょうか?
もうお盆も過ぎたので、ちょっと暑さが安らいでいる地方もあるのかもしれないですね。今回のプチコラムは以下の2本です。

f:id:pen-toss:20150323214553j:plain

劇場アニメ・プチコラム ※ネタバレなしのプチ情報


公開予定作品


公開前作品は「きみの声をとどけたい」を選らんでみました。

この作品を選んだ理由は打算的な理由で消去法で選んでしまいました。

正直に言いますが、8月18日公開の「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は
前回のプチコラムで取り上げています。なので、この作品はアウトです。

同日公開の「魔法使いの嫁 星待つひと:後篇」はタイトルの通り「後篇」です。
「前篇」を取り上げていたら、いいのですが、「前篇」は完全にスルーしてしまっています。
なので、後篇だけ取り上げるのも中途半端です。
※マンガをちょっと読んだ事があります。面白そうなのでこちらも応援してあげて下さいね。

というなりゆきで8月25日公開の「きみの声をとどけたい」を選らびました。
僕はタイトルを聞いて、勝手に声優さんのお話だと思っていました。
ですが、公式サイトを見たところ、ラジオのお話なんですよね。

ちなみに予告動画の中でカセットテープを見た時には、
なんともノスタルジックな気分になりました。
カセットテープなんてファミコン以前の製品で、
普通のお店では売ってませんし、見たこともない人の方が多いと思いますから。

公式ページの「STORY」を読むとミニFM局のお話ですよね。
しかも「INTRODUCTION」も読むと

「~ 物語の中心は、なぎさを始めとする7人の女子高生たち。昨年8月に開催された第1回
新世代声優発掘・育成プロジェクト「キミコエ・オーディション」で選ばれた6人の新人
声優と、『ラブライブ!』の園田海未などで人気の三森すずこが、ピュアで初々しい
女子高生を演じます ~」

とあり、もともと新人声優さんとタイアップした作品なんですね。

本当なら軽く声優さんのチェックをするところですが、、、、6人もいます。
なので、全員のプロフィールを紹介するのは無理があるので、
声優さんの応援とチェックは以下のリンクからお願いします。


NOW ON AIR 
※「キミコエ・オーディション」で選ばれた6人のユニット
http://kimikoe.com/nowonair/


きみの声をとどけたい公式ページ/CAST
http://kimikoe.com/movie/cast.html


ちなみにお話の舞台は、藤沢(神奈川県)と東京が舞台のようですね。
地元の人はまた聖地巡礼で盛り上がるかもしれないですね。


公開中作品


公開中の作品は「フェリシーと夢のトゥーシューズ」にしました。
この作品を選んだ理由は前回の公開前のスケジュールをアップする時に
見落とした作品だからです。

僕はもともとCGアニメの作品をよく見落とします。
アイコンを見た時にアニメか実写かわかりにく時がありますから。

しかも最近の作品は実写とアニメの両方とも存在するものもあります。
なので「後で確認」と思っていると、うっかり忘れてそのまま放置、、、、
ということがたまにあります。

僕は「劇場アニメに駄作なし」と思っているので、
せめて今回、ここでフォローしておこうと思い取り上げてみました。

タイトルと公式ページの「INTRODUCTION(イントロダクション)」や「STORY(ストーリー)」
を観ればわかるとおり、バレリーナを目指す少女フェリシーのお話です。
お話の前情報としてはこれだけあれば十分ではないでしょうか?

もちろん細かい設定はちゃんとあります。例えば、お話の舞台は
19世紀末のフランス、ブルターニュ地方から始まってパリが舞台のお話だとか、、、。

ですがディズニーの作品は初めて観る人でも楽しめるように、
このあたりの話の流れはしっかりしていて心配ないはずです。

↓ 19日:訂正

配給元はキノフィルムズで、フランスとカナダの製作でした。

ディズニーと勘違いしてすいませんでした。

↓ イオンシネマの「作品案内」で確認出来ます

http://bit.ly/2vbged8

 

Youtubeの公式 紹介動画:キノフィルムズ

『フェリシーと夢のトウシューズ』特別映像“19世紀末のパリ再現”

 

http://bit.ly/2ig5Z6n

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ということで、定番の声優さんのチェックをしてみたところ、
公式サイトで確認できる声優さんは以下の通りです。


フェリシー    :土屋太鳳(つちやたお)
オデッサ    :黒木瞳
メラントゥ    :熊川哲也
ル・オー夫人    :夏木マリ
ヴィクター    :花江夏樹
※ページ内での敬称は省略させて頂きました。


ジブリの映画と同様にアニメ専門の声優さんではなく、
一般の俳優さんを起用してますね。


それはいいのですが主人公のフェリシー役の声優さんですが、、、
名前の読み方も難しいし、アイドルや女優さんに詳しくない僕は全く知りませんでした。

で、、、軽く調べてみると


劇場映画「PとJK」の主人公の女の子なんですね。
PとJK」は劇場で予告篇を観たことがあるので、
「こんな作品があるんだな」というくらいには知っています。

この作品の原作は少女マンガの別冊フレンドの作品だそうで、
タイトルでわかるとおり、女子高生と警察官のラブストーリーです。
設定からしてはじけたお話ですが公開したのが3月17日なので、
つい最近まで上映していた作品です。

要するに、僕が土屋さんの名前を知らなかったというだけで、
今、人気の女優さんのようですね。


一応、触れておきますが、字幕版と吹き替え版の両方があります。
なので、当然英語版の声優さんもいるわけで軽く確認してみると、、、。

主人公のフェリシーのところに、こんな風に書かれています。
エル・ファニング:1998年アメリカ、ジョージア州生まれ。姉は女優ダコタ・ファニング

僕は外国の俳優さんに詳しくありませんが、ダコタ・ファニングさんの
名前くらいは知っています。僕くらいの知識では代表作もわかりませんが、
インスタグラム(※)のURLを貼り付けておきますので、
洋画好きの方はこの機会にチェックして、お姉さん、妹さんともに応援されてはいかがでしょうか。

※もちろん「フェリシーと夢のトゥーシューズ」の方もですが。 (19日追加)


ということで、今回は以上です。


参考サイト


PとJK
http://ptojk.jp/


ダコタ・ファニング(姉)
https://www.instagram.com/dakotafanning/

エル・ファニング(妹)
https://www.instagram.com/ellefanning/


※インスタグラム(Instagram)
https://www.instagram.com/

写真専用の会員制サイト
利用者(写真をアップするために登録した人)でないと閲覧できないページもある
※有名人の場合、ログインなしで閲覧できるように設定されているページも多い。


f:id:pen-toss:20170814133722j:plain