<meta property=”og:title” content=”アニメ” />

ペントスのほぼ日ブログ

劇場アニメ、デジタルイラスト、エクセルの話をアップしています

劇場アニメ
スケジュール
劇場アニメ デジタルイラスト エクセル お知らせ イベント
自炊 WordPress
副業

エクセル奮闘記-01 ---- エクセルの基礎って?MOSの話

 

 「デジタルイラスト奮闘記」の差し替えの話題なので、タイトルも似たタイトルにしてみました。今回はエクセルの具体的な操作について話すのではなくて、1回目なので、エクセルを改めて勉強するに至った経緯を話してみようと思います。

 

前回、「話題変更のお知らせ デジタルイラスト → Microsoft EXCEL 」で、「最近、ちょっとレベルの高いことを要求されるようになってきたので、基本的な機能から勉強しなおすことにしました。」という話をしましたが、この中の「ちょっとレベルの高いこと」というのはマクロのことです。

 

マクロというのは簡単にいうと2つ以上の機能を1回の操作で行うことです。よく例に挙げられるのが印刷関連の操作で、1)印刷範囲の指定 → 2)印刷という操作を1回ボタンを押すだけで実行するように設定できます。こういった設定、、、というか機能のことをマクロといいます。

 

マクロの勉強は通常のエクセルの機能を勉強することより難しいのですが、その理由はマクロがプログラムだということです。大雑把にいうと「プログラム=ソフトウエア」といえるわけで、マクロの機能を使いこなすというのはちょっと大袈裟にいうと「ソフトウエアを作る」ということです。具体的にいうと、VBA(Visual Basic for Applications)というエクセル用のプログラム言語を使うので、この言語をある程度、理解する必要があるそうです。

 

こういう事情なのでマクロの勉強を始める前に、ウォーミングアップを兼ねてMOSの勉強から始めました。 

 

MOSというのは資格試験の名前で、「Microsoft Office User Specialist = マイクロソフトオフィス(ユーザー)スペシャリスト」のことです。前回、「話題変更のお知らせ デジタルイラスト → Microsoft EXCEL 」で触れたとおり、マイクロソフト社のエクセルやワードは事務職必須のソフトであるため、就職時などに実力をアピールするための基準となるような資格があります。MOSはその代表のような資格だといえます。

 

僕はもう就職していますが、「エクセルの基本的な機能から勉強しなおす」といっても、漠然としているので、とりあえずこの資格に挑戦することから始めました。

 

ということで、今回は以上です。

 

 f:id:pen-toss:20150323214553j:plain

MOSマイクロソフトオフィススペシャリスト公式サイト

http://mos.odyssey-com.co.jp/index.html

 

 

 f:id:pen-toss:20160502221852j:plain