<meta property=”og:title” content=”アニメ” />

ペントスのほぼ日ブログ

劇場アニメとWordpressの話をアップしています

劇場アニメ
公開前
劇場アニメ
公開中
劇場アニメ
コラム
劇場アニメ
観て来た
WordPress
ブログ運営
デジタルイラスト
イベント エクセル お知らせ 自炊

思いつきコラム-17 ゴジラ の話-続き

 

新聞の記事の画像を追加しました

 

 

昨日はゴジラ新聞の話をしました。なので続きでゴジラの話をします。

 

新聞の正式名所は夕刊フジ特別版「夕刊ゴジラ弐」で、購入先は関東圏、関西圏の主要コンビニで買えます。アニメ専門店や産経新聞販売店でも購入可能だそうなので、詳細はリンク先をお願いします。

 

ちなみにゴジラのオフィシャルストアがすでにオープンになっており、

こちらにもあります。リンクはこちらからどうぞ。

 

 ↓ オフィシャルストアがオープンになってこっちにあります

 http://godzilla.store/shop/default.aspx

 

 

僕は、ゴジラ新聞を買ってすごくうれしかったのは、5枚目のページの

 瀬下監督の話です。

 

インタビューアーの方とのやりとりでいきなり、こんな風に書かれてます。

 

瀬下監督

「3年前にゴジラをアニメでと言われたときに、『そんなこと無理にきまっているじゃないですか』と言ったんです。

 

中略

 

ゴジラを見たことのない皆さんに、アニメだからというきっかけで見てもらうような作品を、これまでのゴジラの既成概念にとらわれずに、そこは意識せずに自由にやっていい』というお話を聞いて、だったらチャレンジできるかもしれないと思いました。それが最初ですね」

 

とあります。

 

僕の場合、正にその通りです。

 

最近の名作「シン・ゴジラ」を観た友人に「メッチャいいです。絶対観た方がいいです」とまで言われたのですが、結局、往年の名作なので、何となく「ついて行けないかも」と思ってしまって、今でも観てません。

 

ですが、今回はアニメなので「アニメのゴジラなら、アニメの感覚で楽しめる」と思って、観に行くことを決めました。

 

なので、製作サイドの人まで「ゴジラ」って言われると、プレッシャーを感じることを知って驚きました。

 

それに、製作サイドの人に、『ゴジラを見たことのない皆さんに、アニメだからというきっかけで見てもらうような作品を ~ 』とハッキリ言われると、気が楽になるというか、ホッとします。

 

「普通のアニメ作品として楽しんで下さい」って言われたようなものですから。

 

素直に「メカがカッコイイ」とか、「声優さんがいい味出してる」とか、「キャラが可愛い」とかで、盛り上がってもいいわけで、やっぱりうれしいです。

 

僕が気負い過ぎってわけじゃなく、日本人ならみんなゴジラの凄さを感じてるし、実際、公式ページの「INTRO」に以下のように書いてあります。

 

「1954年に誕生した、映画『ゴジラ』は、巨大な文化的アイコンとして世界中の人々に愛されてきた。」  

 

とあります。

 

全くその通りで、今回のお手軽に観れるアニメ版は往年のゴジラファンには異色の作品かもしれませんが、僕のような普通のアニメファンや僕のよう過去の名作を見逃した人にはうってつけの作品だと思います。

 

公式ページの「INTRO」には劇場版名探偵コナンシリーズの静野孔文監督、虚淵玄さん、先の瀬下監督(CGの監督さんだそうです。新聞に書いてます)の紹介もあります。

 

ちなみに、「INTRO」のページには「JAPANESE」、「ENGLISH」の切り替えがありますが、公開前から外国のファンを意識しているアニメ作品はゴジラ攻殻機動隊シリーズくらいだと思います。

 

「INTRO」の部分の話は新聞のネタとクロスする話題があり、新聞では静野監督と瀬下監督の話がたっぷり語られています。

 

印象的なのは、瀬下監督はゴジラ好きなのに対して、静野監督はゴジラに接する機会がないまま今回の作品に参加することになったそうです。

 

新聞の記事で笑ったのは、瀬下監督の「僕はゴジラを意識しがちなので、(笑)、最終判断を常に静野さんに託させてもらいました。 ~ 」とあります。

 

要するに、思い入れが強いのでマニアックに走りがちなので、最終判断は作品として冷静に決めてくれる静野監督に任せたという感じかもしれないですね。

 

追加:新聞のインタビュー記事はこんな感じです

f:id:pen-toss:20171026200345j:plain

  

昨日、主題歌が予告動画の一部に流れているという話があったので、今、公式ページで紹介されている予告動画を発表された順番に並べてみました。

 

2017/07/06公開 30秒 『GODZILLA 怪獣惑星』特報1

 

2017/08/15 公開 30秒『GODZILLA 怪獣惑星』特報2

 

2017/08/15 公開 1分15秒『GODZILLA 怪獣惑星』予告

 

2017/10/23 公開 30秒『GODZILLA 怪獣惑星』特報3

 

2017/10/23 公開 1分35秒『GODZILLA 怪獣惑星』本予告

 

 

 僕は全部観たのですが、10月23日公開の2本の予告動画両方の後半に主題歌の「WHITE OUT」が流れます。

 

CDですが昨日、Amazonのアイコンを貼ったのですが、Amazonよりオフィシャルストアの方が、商品がよくわかります。

 

Amazonではわからないのですがパッケージがアニメ版、アーティスト版ともにゴジラのデザインです。

 

これを見ると、ちょっと高いけど収録曲の多いアーティスト版もいいかも、と思います。「パッケージで選んでるの」と言われそうですが、結局、作品が好きで音楽も買うわけですから。

 

 

アーティスト版 5曲+インスト(カラオケバージョン)5曲

godzilla.store

アニメ版 2曲+インスト(カラオケバージョン)2曲

godzilla.store

 

ということで今回は以上です。

今回のアイコンは、こんな画像を切り取ってみましたが、

これってコードギアスではなく、ゴジラのワンシーンですよ。

 

f:id:pen-toss:20171026193235j:plain

 

雰囲気、コードギアスみたいですが。


ゴジラのもう1人の主役、メトフィエス役の櫻井考宏さんは枢木スザクの声も当てているので、ファンの人は連続で櫻井さんの声が聴けるので楽しみですね。

 

 

 

 

参考情報

 

シン・ゴジラ
http://shin-godzilla.jp/

 

アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』OFFICIAL SITE
http://godzilla-anime.com/