<meta property=”og:title” content=”アニメ” />

ペントスのほぼ日ブログ

劇場アニメとWordpressの話をアップしています

劇場アニメ
公開前
劇場アニメ
公開中
劇場アニメ
コラム
劇場アニメ
観て来た
WordPress
ブログ運営
デジタルイラスト
イベント エクセル お知らせ 自炊

思いつきコラム-02 ライブビューイングの話  MBSアニメフェス2017& Roselia 2nd Live Zeit

昨日、みたいな感じで、近いうちに公開される劇場アニメ関連の記事を書いてみました。

 

近々、ライブビューイングで公開される作品が2作あり以下のとおりです。

 

10月7日

MBS ANIME FES.2017 / MBSアニメフェス 2017
公式サイト    http://www.mbs.jp/animefes/live_view.shtml
劇場・チケット  http://eplus.jp/sys/web/irg/mbsanimefes2017-lv/index.html#ticket」

  

10月8日

Roselia 2nd Live「Zeit」 | BanG Dream!バンドリ!
公式サイト    http://liveviewing.jp/contents/roselia2nd/
劇場・チケット  http://eplus.jp/sys/web/irg/roselia2nd-lv/index.html#ticket
 

 

アニメとは限りませんが「ライブビューイング」という言葉を聞いたことがあると思います。なので以前、「 10月の劇場アニメ 上半期外リンク (2014) 」で少し調べたことに加え、改めてウィキペディアを参照して自分なりに解釈すると「ライブビューイング」というのは以下のような感じだと思います。

 

ライブビューイングとは

 

1)歌舞伎、オペラ、演劇などの劇場イベントやスポーツなどを撮影し終了後に映画館で上映すること、またインターネット回線、衛星中継等を利用してライブ配信しイベント会場や映画館などで上映すること

 

という感じです。ただし、今のライブビューイングはこれに加えて、以下の要素もあると思います。

 

2)映画やアニメ作品など通常はマナーを守り鑑賞する作品に対して、観客に事前に通知した上で、掛け声をかける、拍手をする、サイリュームを振るなどの行為を許可し、臨場感のある参加型のイベント形式で楽しめるようにした上映方法(=鑑賞方法)

 

という感じで、大きな間違いはないと思います。

 

1)の方は以前、調べた時の印象です。なにせ当時は「ライブビューイング」という言葉がまだ浸透していなくて「ライブビューイングってなに?」という感じでしたから。僕が初めてライブビューイングのことを知ったのは、アニメの上映前の予告編で歌舞伎のライブビューイングの宣伝を見た時でした。

 

その時、僕が感じたのは「これって画期的だよな」ということでした。なぜなら、歌舞伎の場合、入場料も高いし、前の席でないとよく見えないと思います。僕の勝手なイメージですが、「歌舞伎って、お客さんもお年寄りが多いかもしれないし、目の悪い人が遠くの席から見て楽しめるのかな?」という疑問がありました。

 

ですがライブビューイングを映画館で観た場合、画面が大きいし、座席も傾斜がついているので後ろの席でも関係ありません。料金だって、本物の歌舞伎を劇場で観るよりは確実に安いので「これって画期的だよな」と思いました。

 

それからしばらくして、「アイドルマスター」のライブビューイングが同じように映画館であり、その時の盛り上がりを見て、「これこそ本物のライブビューイング」と思いました。

 

僕はまだアニメのライブビューイングを観たことがありません。ですが、「アイドルマスター」がライブビューイングで盛り上がることは簡単に想像できます。もともとアイドルのサクセスストーリーを応援するというお話ですし、ステージの場面も少なからずある作品です。

 

しかも声優さんやアーティストさんがステージで歌うイベントも多数あり、盛り上がっています。なのでファンの人達が「本物(=の2次元キャラクター)を思いっきり応援してみたい」という気持ちがあって当然です。

 

それ以降、美少女アニメに限らず、いろんな作品がライブビューイングで公開されるようになり別の意味でのお祭り的な要素が増えたと思います。

 

MBS ANIME FES.2017(MBSアニメフェス2017) の場合、「おおきく振りかぶって」、「七つの大罪」、「黒子のバスケ」、「青の祓魔師」、「進撃の巨人」の5作を上映するわけですから、完全にお祭りで楽しいに決まってます。

もう1つ、 Roselia 2nd Live Zeit の方を見てびっくりしたのですが、海外でライブビューイング形式で上映している、ということです。トップページを少しスクロールするとわかりますが、「Information 開催情報」というところに、台湾と香港があります。

 

外国で日本のアニメの人気があるのは知っています。ですがライブビューイングまで輸出されるとは思いもしませんでした。

 

ちなみに、両方ともチケットの販売を確認したところ、売り切れの会場もありますが、まだ残っている会場もあります。

 

僕はこのタイプのイベント・チケットは発売と同時に売り切れてしまうものだと思っていました。ですが、そういうわけでもないようですので、興味のある方は直前ですが、確認してみてはいかがでしょうか。

 

ということで今回は以上です。

 

参考情報

 

ライブビューイング ウィキペディア
 

ケミカルライト・サイリューム ウィキペディア 

 

THE IDLE MASTER OFFICIAL WEB

 おおきく振りかぶって
 

TVアニメ「七つの大罪 戒めの復活」公式サイト 

 

黒子のバスケ アニメ公式サイト

 

TVアニメ「青の祓魔師 京都不浄王篇」公式サイト

TVアニメ「進撃の巨人」Season 2公式サイト
 

TVアニメ「進撃の巨人」公式サイト

 

進撃の巨人 作品公式サイト

 

f:id:pen-toss:20171004185532j:plain