<meta property=”og:title” content=”アニメ” />

ペントスのほぼ日ブログ

劇場アニメとWordpressの話をアップしています

劇場アニメ
公開前
劇場アニメ
公開中
劇場アニメ
コラム
劇場アニメ
観て来た
WordPress
ブログ運営
デジタルイラスト
イベント エクセル お知らせ 自炊

思いつきコラム 3DCGアニメと動画配信の話 「RWBY」の話、etc. 

7日(土)に「RWBY」っていう3DCGのアニメが公開されます。

 

観に行こうかなと思ったんですが、今回の作品が既にシリーズ4作目なので、先の3作を観ないとわからない、、、、、と思ったので、今回は劇場で観るのはあきらめました。

 

ですが、このアニメのこと調べていて感じたのはアニメと3DCGの技術、インターネットの利用について感じることがありました。なので、Twitterみたいな感じで、思いついたことについて書いてみました。

 

最初に「RWBY」のプロモーション動画観たときはてっきりMMD(※1)で作ったようなお手軽3DCGの映画かと思いました。僕が最初に思ったのは「gdgd妖精s」(ぐだぐだフェアリーズ※2)みたいな感じで、お手軽作品と思ってました。

 

ところが、ウィキペディアを見ると、3DCGのソフトのPoser(※3)の開発元が作ったということで、アマチュアがノリで作ったのではないようです。

 

決してクォリティーが低いとは思いませんが、最近の3DCGはものすごいし、アニメ調の3DCGの傑作は昨日までYouTubeで無料配信されていた、「蒼き鋼のアルペジオ」があります。

 

アルペジオ」と「gdgd妖精s」は3DCGの良いとこ取りした作品といえます。「gdgd妖精s」は前回の劇場版のプロモーション動画しか観ていませんが、毒舌のキャラクターと声優さんののりで低価格映画だけど、知っている人は笑える、という路線を狙っているように思いました。

 

アルペジオ」の方は、僕は劇場版2作と今回のYoutubeで配信された12作を観たのですが、3DCGの使いどころが上手です。マンガを読んだことのある人ならわかりますが、マンガの描き込みは潜水艦や軍艦の書き込みがリアルでちょっとシリアスタッチに傾いています。

 

どうしても画面がリアルに描き込まれて、イオナや美少女キャラのタッチも、ちょっとシリアス路線に引っ張られているように見えます。(絵に独特の味があって僕は好きなのですが。)

 

それに対して、アニメ版はメカの迫力に引っ張られずに美少女キャラもちょっぴり萌えの雰囲気を保っています。3DCGもトゥーンレンダリングというテクニックなので、思いっきり表面に画像を貼り付けた3Dキャラクターと違い上手く、アニメと3DCGのバランスを保っています。

 

この2作と比べると、「RWBY」の場合、何を狙っていたのかよくわかりません。ただ、この作品の場合、Youtubeで無料配信をしながら楽曲やディスクの販売をしたようなので、純粋にアニメ作品としての魅力よりも今までと大きく違うルートでファンの元に届けられた作品なので、まだまだこれからの作品なのかもしれなせん。

 

アルペジオ」はもともとマンガですし、「gdgd妖精s」は最初からテレビ放映です。要するに、どちらも既存のルートでファンの元に届けられているのですが、「RWBY」の場合、Youtubeで無料配信から始まっているので、今までのアニメとちょっと配信ルートが違います。僕の感覚からいうと、以前、ニコニコ動画で配信された「こわれかけのオルゴール」(※4)のような感じだと思います。(規模があまりにも違いますが)

 

結論からいうと、こういう動画配信で盛り上がった作品の場合、最初から追いかけていないと、今のように時間が経って、途中参加するのが難しい気がします。なにせ、書店で気軽に原作のマンガが手に入るわけではないですし、前作は3本もありますから。ただし、vol1~3までが有料配信されているので、今から追いかけて劇場でVol4を観るのはしんどいので、今回は動画配信で楽しもうと思います。

 

という感じで今回は以上です。「RWBY」の上映が盛り上がればいいですね。

 

 

 

※1 MMD=Miku Miku Dance(ミクミクダンス)

ボーカロイド初音ミクを躍らせるための3DCGソフトで無料配布されている

配布元はVPVPの中

VPVP  = Vocaloid Promotion Video Project 
(ボーカロイド・プロモーションプロジェクト)

↓  
http://www.geocities.jp/higuchuu4/



※2 「gdgd妖精s」(ぐだぐだフェアリーズ)

 http://gdgdfairy.com/

 

※3  Poser 

SmithMicro社製の3DCGソフト。人体モデルや動物モデルなどのポーズ付けやコンピュータアニメーション制作に特化したソフトで、ソフト本体の機能にはモデリングの機能はない。日本語版はソースネクストより販売されている

 Poser Pro 11 
http://www.sourcenext.com/product/pc/gra/pc_gra_001617/

 


※4 こわれかけのオルゴール 

同人作品からデビューし映画化、ニコニコ動画でも有料配信された

※詳細はウィキペディア参照
http://flowerorgel.net/index.html


こわれかけのオルゴール ウィキペディア  
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%93%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%81%91%E3%81%AE%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB


3DCGアニメ『RWBY』公式サイト  
http://rwby.jp/

 

 

f:id:pen-toss:20171003200946j:plain