<meta property=”og:title” content=”アニメ” />

ペントスのほぼ日ブログ

劇場アニメとWordpressの話をアップしています

劇場アニメ
公開前
劇場アニメ
公開中
劇場アニメ
コラム
劇場アニメ
観て来た
WordPress
ブログ運営
デジタルイラスト
イベント エクセル お知らせ 自炊

「劇場版 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い」観て来ました ※ネタバレなし

 

 

f:id:pen-toss:20170830233648j:plain

 ↑※入場特典はこちらでした※↑

 

 

日曜日に、「劇場版 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い」観て来ました。

いつものパターンですが、予備知識なしで観に行きました。ネタバレなしのつもりですが、 公式サイトの情報と購入したパンフレットに書いてあるこ事には軽く触れますので、ここから先は「それでもOK」という人でお願いします。

 

f:id:pen-toss:20150323214553j:plain

 

僕は地元が大阪ですが、大阪ではこの作品、1館しか上映してません。公式サイトで確認したところ、東京が3館、神奈川が2館で上映している以外はどことも1館しか上映してないので、マイナーな作品だと思います。

 

で、、、この作品はジャンルでいうと美少女もので「Fate」のスピンオフ作品なのですが、何も知らないで観ると、このことに気が付くのが後半に差し掛かってからです。劇場版ではそれくらい前振りがしっかりしていて、何も知らない人でも「美少女もの」という先入観なしで見れます。

 

実際、主人公:衛宮士郎(えみやしろう=高校生)と、その義父:衛宮 切嗣(えみや きりつぐ)、友人の一義樹理庵(いちぎじゅりあん)の3人でストーリーのちょっとした、前説明のような展開になっています。

 

切嗣は主人公:士郎の義父ですからオジサンですがシブイおじさんキャラです。友人の樹理庵(じゅりあん)は高校生でイケメン・キャラです。この3人と士郎の義妹の美遊(みゆ)の3人が前半のお話をリードするのですが、美遊は士郎の7歳下(だったと思う)でまだ子供です。前半3分の1くらいは、この4人がお話を進めて行くし、美遊が幼いこともあり、知っている人でないと美少女アニメとは気が付かないくらいで、男性の美形キャラが2人もいるので、「結構、女の人好みの展開かも」と思ったくらいです。

 

特に、僕が途中まで「この作品、美少女アニメと違うよな、、、」と思った理由は、士郎がすごく妹思いだからです。印象に残っているのが、士郎が美遊のために食事を作ってあげるシーンがあるのですが、このシーンがすごくほのぼのしてて、いい雰囲気です。お話のバックグラウンドは日本の古い家(風習)に関わる話なので、家は伝統的な日本家屋で妹:美遊も和服姿です。しかも、蝋燭のような優しい灯りの中で士郎と一緒に、料理をしたり食事をする美遊の表情や言葉の1つ1つがすごく優しくて、もどかしくて、歯がゆいのですが、暖かくもほのぼのした雰囲気です。

 

加えて、この後、士郎の学園生活で部活の後輩の女の子まで登場するので、士郎、樹理庵、後輩の3人の三角関係的なお話も、十分あり得るくらいキャラが魅力的です。

 

ネタバレしたくないので、士郎の部活の話や後輩の話は伏せておきますが、部活のシーンもカッコイイし、後輩の女の子もメチャクチャ可愛くていい子です。

 

後半からはお約束の展開になり王道のストーリーをしっかりおさえているのでマニアの方はもちろん、なんとなく興味本位で観る方も、両方とも楽しめると思います。

 

ちなみに音楽ですが、、、すいません、僕このアーティストさん(声優さん?)、今回、初めて知りました。とりあえず、Youtubeのリンクを貼っておくので興味のある方はチェックしてみて下さいね。※内容はほとんど同じです。一応、2つ貼っておきます。

 

ということで、今回は以上です。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤとは編集