<meta property=”og:title” content=”アニメ” />

ペントスのほぼ日ブログ

劇場アニメ、デジタルイラスト、エクセルの話をアップしています

劇場アニメ
スケジュール
劇場アニメ デジタルイラスト エクセル お知らせ イベント
自炊 WordPress
副業

エクセル奮闘記-02 ---- MOSの話 スペシャリスト&エキスパート

5月13日:アイコンの追加 +文章を整えました

 

f:id:pen-toss:20150323214553j:plain

 

前回、「エクセル奮闘記-01 ---- エクセルの基礎って?MOSの話 」で、「とりあえず、エクセルの基本的な機能から勉強しなおすために、MOSの勉強を始めた」という話をしました。そして、MOS(モス)というのは「マイクロソフト オフィス スペシャリスト=Microsoft Office Spesialist」という資格(試験)の名前だ、という話をしました。

 

なので、もうちょっとこの話をします。というのは、MOSにはスペシャリストとエキスパートの2種類あるからです。詳しくは以下の公式サイトを見ていたければわかりますが、エクセル(EXCEL)のMOSには、一般レベルのスペシャリトと上級レベルのエキスパートがあります。

 

試験概要/MOS公式サイト

http://mos.odyssey-com.co.jp/outline/

 

僕は普段からエクセルを使っているので、最初からエキスパートを受験しても良かったのですが、無難にスペシャリストの勉強から始めました。具体的に言うと、「よくわかるマスター:Microsoft Office Specialist Microsoft Excel 2010 対策テキスト& 問題集」というガイドブックを使って勉強し、、、すでにMOS:EXCEL2010スペシャリスト(一般)に合格しています。

 

要するに、「エクセル奮闘記-01 ---- エクセルの基礎って?MOSの話 」でお話ししたとおり、マクロの勉強をするための準備だったので、基礎固めとしてはちょうど良かったと思っています。

 

ここまでは問題ありませんでした。ところが、、、僕は思い違いをしており、EXCEL2010スペシャリスト(一般)の合格後、勉強方法について戸惑うことになってしまいました。それはEXCEL2010エキスパート(上級)の試験内容です。僕はエキスパートの試験内容にはマクロが含まれているのを知っていました。

 

なので、「エクセルの基礎固め=スペシャリストの勉強(資格の取得)」 → 「マクロの勉強=エキスパートの勉強(資格の取得)」というふうに考えていました。

 

ところが、スペシャリストの合格後、エキスパートのガイドブックを購入し、内容を見てびっくりです。エキスパートの試験範囲で扱っているマクロは本当に超初歩をちょっとだけ触れているというレベルです。要するに、EXCEL2010エキスパートに合格しても、この程度ではマクロを使えるようになりません。

 

僕は今回、初めて知ったのですが、エクセルのマクロに関する資格にはMOSと違い、「Excel VBA ベーシック」と「Excel VBA スタンダード」という資格があるようで、こちらはMOSと直接関係がないようです。

 

というのが今までのところで、今、どうやってモチベーションを保ちながら、EXCEL2010のマクロの勉強をすればいいのか、戸惑っているところです。

 

ということで、今回は以上です。 

  

富士通FOM:よくわかるマスター:

Microsoft Office Specialist Microsoft Excel 2010 対策テキスト& 問題集

http://amzn.to/24NYuS8

 

 

f:id:pen-toss:20160514142507j:plain