<meta property=”og:title” content=”アニメ” />

ペントスのほぼ日ブログ

劇場アニメとWordpressの話をアップしています

劇場アニメ
公開前
劇場アニメ
公開中
劇場アニメ
コラム
劇場アニメ
観て来た
イベント WordPress
ブログ運営
デジタルイラスト エクセル お知らせ ImageMagick 自炊

「劇場版名探偵コナン 純黒の悪夢」観て来ました ※ネタバレなし

5月3日:追記4「青山剛昌からの純黒の感謝状」利用しました。

4月20日:ページ下に関連情報2を追加しました。 

4月19日:ページ下に関連情報を追加しました。 

f:id:pen-toss:20150323214553j:plain

「劇場版名探偵コナン 純黒の悪夢」観てきました。本当は初日の土曜日に観に行きたかったのですが、当日仕事でした。加えて日曜も用事でアウト。ということで今日、たまたま定時に仕事が終ったので、早速観て来ました。

 

で、、、いつものパターンで、ネタバレなしのつもりです。ですが公式サイトの内容や購入したパンフレットからの情報には触れます。という感じなので、ここから先は「それでもOK」という方のみでお願いします。

 

 

 

 

僕の勤務先は大阪市内です。なので、定時に終わって市内の某映画館で6時過ぎの公開で観ました。お客さんは女の子が6割くらいで、ちょっと意外でした。という状況なので、女の人は安心して観に行けます。男性目線でも「女の人の方がちょっと多いかも」という程度なので、こちらも問題なしで、劇場に入る前に何か気にしなければならないようなマニアックな作品ではありません。

 

 それに、、、今回、すごいカッコイイです。劇場版名探偵コナンシリーズはどれも名作ですが、今日の時点で公式ページの情報によると東宝の初日アンケートによると満足度96パーセントだそうです。

 

何がスゴイかというと、今回の「劇場版名探偵コナン」は夜のアクションシーンがすごく魅力的です。僕は暗いシーンの多い映画は苦手です。僕が暗所恐怖症というわけではなく、画面が暗すぎて何をやっているのかよくわからないようなシーンが多いと退屈するからです。ホラー映画の演出でびっくりさせる前の真っ暗闇というのなら話は別ですが、アクション映画なのに音ばっかりで画面が真っ暗、、、というような作品には魅力を感じません。

 

ですが、「~ 純黒の悪夢(ナイトメア)」は暗いシーンの演出がものすごく上手です。多分、映像技術の進歩で黒から灰色までの階調が細かく出せるようになったのと、街中のネオンや華やかにライトアップされた町並みの混ぜ方が上手いのだと思います。先に触れたとおり「音ばっかりで画面が真っ暗」ということは決してなく、暗いシーンでのカッコいい映像を楽しめます。僕は詳しくないのですが、もしかしたら最近の映画館はデジタルの映像で上映されているので、その影響もあるのかもしれませんね。

 

それとちょっとだけ予備知識として知っていたら面白い話があります。パンフレットを買った人は「CHARACTER2」のページを見て欲しいのですが、登場人物が警視庁と警察庁で別れています。具体的に言うと目暮警部、佐藤刑事、高木刑事、千葉刑事、は警視庁(刑事部捜査一課)です。それに対して安室透、水無怜奈、風見裕也の3人は警察庁(警備局警備企画課)です。つまりこちらは国家公安委員会です。

 

「どういう意味だ?」と言われそうですが、簡単にいうと地方公務員と国家公務員ということです。つまり目暮警部たちは東京都民の税金で仕事をしている都民のための地方警察といえます。それに対して、安室透たちは国家公務員で国の警察組織です。

 

日本はもともと国家警察がありました。ところが第二次大戦の敗戦後、国としてまとまらないようにアメリカ軍(GHQ)により、国家警察機構が廃止され地方警察中心の警察組織に変更されました。こういったいびつな構造のひずみが刑事ドラマではよく、国家警察と地方警察の対立で描かれており、名探偵コナンのようなメジャーな子供向け作品にも描かれるくらいです。このへんの話はストーリーと直接関係ありませんが、知っているとより楽しめます。

 

最後にストーリーですが、こちらも良かったです。こちらはネタバレにならずに説明するのが難しいので、公式サイトの「STORY」を読んだ方がいいと思います。ちなみに謎の美女が登場するのですが、美人だとかカッコいいとかだけでなく、ほのぼのさせられるシーンも多くて、魅力的なキャラクターだと思います。 

 

「魅力的なキャラクター」といえば、安室透、赤井秀一もカッコいいですよね。劇場では両サイドの女の子たちが小声で「赤井さんカッコイイ、、、」とか、「安室さん♡」とかつぶやいてましたし。

 

ということで、「劇場版 名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」は面白いし、おすすめ出来る作品です。興味のある人は劇場で観ることをお勧めします。

 

追記1

今回の入場者プレゼントです。右側のカードにQRコードがあって、公式サイトから劇場版1~19作のうち1本観れるという特典です。今回のは大サービスです。どの作品にしようかな。

 

f:id:pen-toss:20160419005528j:plain

 

青山剛昌からの純黒の感謝状/劇場版1~19作無料鑑賞サイト入口
http://www.conan-movie.jp/kanshajo/

 

追記4 ↑ 

青山剛昌からの純黒の感謝状/劇場版1~19作無料鑑賞の特典を利用しました。

使い方は以下のとおりです。

 

1)パソコン、または視聴する端末でアクセスする ↓

http://www.conan-movie.jp/kanshajo/

 

2)画面のメッセージの通り、コナン君の赤い蝶ネクタイ(大きい方)をクリックします。

Windowsパソコンの場合は大きい方の蝶ネクタイにマウスポインターを合わせると、蝶ネクタイが光って、マウスポインターの形が手のマークに変わります。

 

f:id:pen-toss:20160503181139j:plain

 

3)性別、年齢、住んでいるエリアを入力します。

4)表示されている文字を入力します。※僕の場合は全角ひらがなでした。

5)劇場でもらったカードを開くと、黄色の部分に12桁(4桁-4桁-4桁)のシリアルコートが記載されているので、このコードを半角英数字で入力して、「入力する」をクリックするとアクセスしてから48時間の間、視聴できます。

f:id:pen-toss:20160503182611j:plain

 

という感じです。

僕はお気に入りの「~絶海の探偵」にしました。今回の劇場版名探偵コナンはお得感満載でラッキーです。 

 

追記2 4月19日追加 関連情報

 

劇場版「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」公式サイト
http://www.conan-movie.jp/index.html

 

警察庁 ウィキペディア
http://bit.ly/1VAN9mk


警視庁 ウィキペディア
http://bit.ly/1WD45YI

 

東宝シネマ 映像・デジタル音響・設備について
http://www.tohotheater.jp/theater/spec/

 

デジタルシネマ:ウィキペディア
http://bit.ly/1WD66En

 

 f:id:pen-toss:20150323214553j:plain

追記3 4月20日追加 関連情報2

※4月24日リンク先修正

 

劇場商品通販・ステラ通販

http://www.stellatuhan.com/asp/index.asp

純黒の悪夢 劇場オリジナルグッズ

名探偵コナン 20周年記念オフィシャルコラボウォッチ

※ダイレクトリンクはつながらないようです。

トップページ経由でお願いがいします


純黒の悪夢 劇場オリジナルグッズ
http://bit.ly/1YF7Dbw


名探偵コナン 20周年記念オフィシャルコラボウォッチ
http://bit.ly/1YF7QeR


名探偵コナン公式スマホアプリ ※iPhon/Andrid
http://sp.mco.cybird.ne.jp/conanportal/

 

f:id:pen-toss:20160420002301j:plain