劇場アニメ/エクセル/デジタルイラスト
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペントスの気まぐれブログ

劇場アニメとエクセルの話を不定期で掲載しています ※過去記事にはデジタルイラストの話もあります

劇場アニメ/エクセル/デジタルイラスト

デジタルイラスト奮闘記-09 ---- SAIのショートカットを設定してみた

さて、3頭身キャラの続きですが、デジタルで描いているのでデジタルの話をしてみたいと思います。

 

ペンタブレットを使っているわけですから、右利きの僕は右手でペンを持って描いています。「じゃぁ、マウスは左手で操作してるのか?」というと、それはしんどいので、ペンをいったん置いて、持ちかえてから右手でマウスを操作しています。

 

要するに、頻繁にペンとマウスを持ちかえて描いています。アナログの場合もペンを持っていない方の手で消しゴムを使うという事はないので、こんなもんだろうと思います。

 

ですがペンタブレットとSAIの環境で、あきらかに左手で行う操作があります。それはキーボードの「←」、「→」、「↑」、「↓」、から行うキャンバスの移動です。右利きの僕でも、この程度の操作は左手で問題なく行えます。そのため、キャンバスの移動だけは左手で操作しています。

 

こういう使い方をしているので、よく使う機能にショートカットを割り当てて、左手でキーボードから操作し、少しですが作業能率を上げることにしてみました。僕の場合、よく使う機能のベスト3はキャンバスの拡大、縮小、回転なので、これらにキーを割り当ててみました。

 

 左手で扱うのでキーボードの左サイドのキーで何回か試してみると、、。僕の場合は「拡大=T」、「縮小=U」、「回転=Q(反時計回り回転)、W(時計回り回転)」が操作しやすいので、このキーでショートカットを割り当てました。なかなか快適です。

 

こういう操作がキーボードから左手で出来ます

f:id:pen-toss:20140624170145j:plain

  

ちなみに初期設定で「回転リセット=R」が割り当てられているので、「R」は避けました。あと、「Y」も「Ctrl」+「Y」と「Ctrl」+「Z」で機能としてペアになっているので「Y」も避けました。ですが、慣れてくると回転は「Q」、「W」キーの連打で元に戻せるので「回転リセット=R」は必要なくなるかもしれないですね。「Y」も案外「Ctrl」+「Y」と間違えることなく両立出来るように思います。

 

ところで、、、

ショートカットの設定はメニュー・バーから「その他」、「ショートカットキー設定」で行えます。

  

f:id:pen-toss:20140624171053j:plain

 

劇場アニメ/エクセル/デジタルイラスト